本文へスキップ

目指すは役者も観客も一丸となって楽しむ「村芝居」/人生を描写する市民劇団

.

〒215-0017 神奈川県川崎市麻生区王禅寺西

作品紹介CONCEPT

歌芝居「スミレノハナサクコロ」

企画・脚本・総合プロデュース 山浦 弘靖
―妖しい子連れ美女が二階に棲みついた-
母親の介護でこわれた家族の愛が、幻想の宝塚舞台で甦る。
感動のホームファンタジー・ドラマ

2021年12月16日・17日 川崎市アートセンターアルテリオ小劇場にて公演終了


作者コメント

「介護」という言葉が、人生にこれほどかかわってくるとは。

6年近くの家内の介護、今は特養でお世話になっていますが、その前は母の介護でした。戦中戦後の苛烈な時代、夫を支え子供達を必死に育て、やっと一息ついたのも束の間、認知症にかかり幻覚に悩まされ、最後は骨折がもとで痛みに苦しみながら亡くなった。

小柄でやさしい、でも秘めた気性は激しい九州の女でした。

「スミレノハナサクコロ」のシチュエーションは、母の介護で悩まされていた当時の家族と重なります。弟や妹家内に母の介護を押し付け、仕事にかこつけて逃げ回っていた僕。その苦い思いが、詫び状とでもいいましょうか、この作品を書かせてくれたのかも知れません。

芝居の中でスミレノハナを幸せそうに歌う母親は、僕の母の姿でしょうか。せめてもの親孝行といったら、あの世の母から叱られるかも知れません。

この芝居を見ていただいたあと、家族と介護の有り様をお考え頂ければ幸甚です。

山浦弘靖


ものがたり

「二階に知らない子連れ女が棲みついて、昼も夜も歌い踊り騒いでいる。何とかして頂戴!」

 老いた母親の悲痛な訴えに、日頃は疎遠になっている長男夫婦、長女と次女が実家に集まった。
母親がいうには同居の次男が勝手に連れ込んだらしい。
しかし、二階の部屋を調べても、子連れ女が住んでいる気配はない。
どうやら母親の認知症による妄想らしい。
この先介護をどうするのか、誰が負担するのか、兄妹達は責任を押し付け合うだけで解決策は見つからない。
そんな或る夜、思いつめた母親は、子連れ女を叩き出そうと怒鳴り込んだ。ところが、二階には…。


<Cast>
母 親:奥山 彭子
長 男:高取 良典
次 男:佐々木 隆一朗
長 女:北澤 小枝子
次 女:大川 愛里
長男の嫁:大倉 照結
二階の女(愛人):たかのみゆき
二階の子:瀬谷 奈菜緒/瀬谷 心音
父 親:吉田 英雄
吟遊詩人・水川ヒロシ(二役):くまたろう
お迎え様:山浦 弘靖

特別ゲスト:渓 なつき

タカラジェンヌ:鳩山 幸子・よしだ かずこ・小晴

<Staff>
演 出:山浦 弘靖
演出補:いのうえ みわ・佐々木 隆一朗
舞台監督:渡辺 健次郎
美術監督:中込 清皓(やまゆりテック)
音 楽:大川 知子・佐々木 隆・くまたろう
音 響:カワサキミュージックキャスト
照 明:オフィスフクイ
振付・歌唱指導:渓 なつき
イラスト:泉山 清佳
制 作:佐々木 直子

Banner

TIRIRIN-ZA

〒215-0017
神奈川県川崎市麻生区王禅寺西

TEL
FAX 044-954-5131